SNSと気配り

イベント投稿写真に思うこと

講座やセミナーに参加すると、その様子や集合写真を撮る(撮られる)ことって結構ありますね。私も、開催者として最後に集合写真を撮らせて頂いたり、ワークショップの様子を写真や動画にしたりすることがあります。

  

講座へ参加して下さるほとんどの方はビジネスを展開されている方ですので、いろいろな機会を利用して「私はここに居ますよ!」とアピールした方が良い方たち。

そのお手伝いの意味もありますが、私の講座の様子をお知らせすることは、私の主目的。

  

もちろん、参加者の同意を得て撮影し、投稿する時も了解を得て行っていますが、それでも撮りっぱなしを載せることは100%ありません。

  

  • 写っている中で最高の笑顔のもの!
  • 明るさやコントラストを調整して好印象に!
  • 何枚も同じような写真が続くと読者が飽きてしまうので、複数枚の写真が1枚の絵になるようアプリを使用する!

など、写真に写っている方にも、読者にも配慮しています。

 

利他のこころ

「自分さえ良ければ良い」があからさまに見える投稿写真を見かけることもたまにあるので、どんな場面にも「相手への思いやり」や「自分がそうされたら嫌かなぁ?どうかなぁ?」という、『相手の立場で考える』ことを忘れたくないなぁ、と思っています。

また、そういう心遣いが見える方が読者とても、気持ちが良いですよね。

 

この「相手の気持ちを推し量る」ことこそ、集客の真髄なんですよね!



この投稿は、3/26にMediumブログに投稿したもののVer.2にあたるでしょうか?こちらのブログでも紹介したかったので、少し違う視点も入れてみました。

元のMediumブログは、こちらです。


**********************************************

お問い合わせは、問合せフォームからどうぞ。



ACS 大人の起業塾

このサイトは、起業・創業を考えている方や個人事業主、小さな会社の経営者を支援する特定非営利活動法人ACSアシストコミュニティ静岡が運営し、 ・確かな未来をつくるために必要なビジネススキル ・ビジネスプランを活用した資金繰り ・インターネットやSNSを活用した集客 の情報を発信しています。 ★スローガン ♪小さく始めて確かな未来を! ♪1人より2人。2人より3人。 ♪集まることで大きな力を!

0コメント

  • 1000 / 1000