経営に役立つ中小企業白書の見方(4)

第4回目の経営に役立つ中小企業白書の見方では、白書の第2部第3章「新事業展開の促進 」から読み解いていきます。


 新商品や新サービスの提供を考える時って、どんな時?

最も成功化率が高いのは?


1.今の商品やサービスの売れ行きが思わしくない時 

2.「これはいけるかも?」とひらめいた時 

3.「これは不便だ」や「こんな商品(サービス)があったらいいよね~」と耳にした時


考えるきっかけは、3番でしょうか?

成功確率が高いのも、3番のような気がします。



意外ですね。


柱となる事業を創出した>ニーズへの対応

成功したという回答では、自ら新規事業を創出したがトップですね。差は3%ですが、分母を大きくした場合はかなりの件数になります。


「ニーズがある!」と思った時の方が成功確率は大きいように思いますが、  

  • お客様に言われて(要望で)新商品(サービス)を作っても、必ずしも成功しない 
  • 現商品(サービス)と市場の調査をしっかりやった方が成功確率は上がる 


そういうことでしょうか。う~ん・・・ですね。


白書で注目している点

赤い点線で囲んでいる部分は、  

他社との競争激化 既存市場の減少
既存事業の業績不振

ですね。

いずれも成功していないが上回っています。 この2つは企業の存亡にかかわる点なので、全力で取り組んでいるはずですが、なぜ成功していないのでしょうか?


事業の柱となる新商品(サービス)の開発はいつから手を付けるべきか?

続きは、座間正信先生(株式会社アイピーアトモス)による経営に役立つ中小企業白書の見方の第4回目で ↓ ↓ ↓


ACS 大人の起業塾

このサイトは、起業・創業を考えている方や個人事業主、小さな会社の経営者を支援する特定非営利活動法人ACSアシストコミュニティ静岡が運営し、 ・確かな未来をつくるために必要なビジネススキル ・ビジネスプランを活用した資金繰り ・インターネットやSNSを活用した集客 の情報を発信しています。 ★スローガン ♪小さく始めて確かな未来を! ♪1人より2人。2人より3人。 ♪集まることで大きな力を!

0コメント

  • 1000 / 1000